この熱い空気が入り込んでくると

ただもう何も考えていません。自動的におしゃべりをしているだけなのです。自分の中に準備されたお話をいつものようにお話して。その場は流れていきます。みなさん気付かず感想をくださりそれなりに感動もしてくださり・・・普通に時間は過ぎていきます。

貴女のことを考えていない訳ではありません。
貴方のことを忘れてしまったワケではないのです。

何も考えていないのです。
私の思考回路はただ・・・・停止したままです。
半分動いている自動運転装置が調子よく生きているように見せてくれています。
もう少し熱を下げてはくれませんか。そしたら貯蓄できるのですが。少々オーバーヒート気味です。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

雪虫の伝説

Author:雪虫の伝説
ここにもひとつ陣地を作りました。秘密の基地です。

誰かに読んで欲しい。誰にも読んで欲しくない。ふたつの思いが凌ぎあいます。ココは秘密の陣地にすることにしました。隠れ切れているでしょうか。

そんな設定も可能なはずです。


このブログの管理人は

年齢不詳。住所不定。性別不明。です。

電光掲示板by雪虫の伝説

ごゆっくり どうぞ







AdS by Google

AdS by Google

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

最近の記事