雪の朝のエピソード。雪で作った階段。

学生時代の先輩をわざわざ追いかけて北海道まで出かけた。そして別れを告げた。
彼らは昔いた海を記憶している。人間もまた同じだ。ずっと昔のことを覚えていて、また会いたい人を選んで生まれて来る。君は何を言っても対幻想のもっとも身近な形だ。逆立した疎外AとBとの共同幻想は相方の心理に逆立している。倒立した恋愛感情なのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪虫の伝説

Author:雪虫の伝説
ここにもひとつ陣地を作りました。秘密の基地です。

誰かに読んで欲しい。誰にも読んで欲しくない。ふたつの思いが凌ぎあいます。ココは秘密の陣地にすることにしました。隠れ切れているでしょうか。

そんな設定も可能なはずです。


このブログの管理人は

年齢不詳。住所不定。性別不明。です。

電光掲示板by雪虫の伝説
ごゆっくり どうぞ







頂いたコメント一覧です
リンク
AdS by Google

AdS by Google

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
ブログランキング






最近の記事