ひとりごと

自分の声が震えていることを相手に悟られたくはありません。私は現実の世界を歩いているのではありません。
この足は貴方と同じ地面を踏んではいます。けれども私は貴方とお話をするためにココに来たワケではないのです。私が知りたいのはただあの方のことだけです。彼がどのように生きて。どのように亡くなったのかを知らなければならないと思ったのです。
いいえ私にとっては大変重要なことなのです。私は彼を思い出すなんてことはありません。私が彼を忘れるはずがないじゃありませんか。
貴方の苦労話とか貴方の恋愛観なんて・・お話いただいてもどうせ何も聞いてはいません。耳に入るのはあの方の情報だけです。

そう私は貴方に言いたかったのです。我慢を通り越して私は怒りさえ覚えていたのです。・・ごめんなさい。これがあの日の現実です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪虫の伝説

Author:雪虫の伝説
ここにもひとつ陣地を作りました。秘密の基地です。

誰かに読んで欲しい。誰にも読んで欲しくない。ふたつの思いが凌ぎあいます。ココは秘密の陣地にすることにしました。隠れ切れているでしょうか。

そんな設定も可能なはずです。


このブログの管理人は

年齢不詳。住所不定。性別不明。です。

電光掲示板by雪虫の伝説
ごゆっくり どうぞ







頂いたコメント一覧です
リンク
AdS by Google

AdS by Google

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
ブログランキング






最近の記事