西郷と大久保

西郷は人間性を見た。大久保は能力を重視した。
西郷は薩摩に固執した。大久保は藩という枠を越えていた。


大隈重信は備前の出身であり
伊藤博文は長州の出だった
彼らはともに大久保利通に育てられた政治家だ。

西郷の周囲は薩摩の人間が取り巻き最終的に彼を死に至らしめる。

版籍奉還・廃藩置県を断行した西郷と大久保の
心の在り方も異なっている。
西郷は武士という失われゆく階層に同情心を持ち続けた。
大久保には関心のないことだったに違いない。

征韓論についても技術面・政策面で対立はないと思える。
問題は時期・優先順位の問題であったはずだ。

二人の友情にその感情に大きな問題点はない。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

雪虫の伝説

Author:雪虫の伝説
ここにもひとつ陣地を作りました。秘密の基地です。

誰かに読んで欲しい。誰にも読んで欲しくない。ふたつの思いが凌ぎあいます。ココは秘密の陣地にすることにしました。隠れ切れているでしょうか。

そんな設定も可能なはずです。


このブログの管理人は

年齢不詳。住所不定。性別不明。です。

電光掲示板by雪虫の伝説

ごゆっくり どうぞ







AdS by Google

AdS by Google

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

最近の記事