テストだ。

テスト2番だ
スポンサーサイト

試しに記事をかいている

ノートの代わりにしようというのだ。

アイデアがやってきたのは

夜中の1時を過ぎてからのこと。いつものようにそれは突然やってくるから。消えてしまう前に捕まえなくてはならない。これでもう今月の後半も乗り切ることができる。そんなものだ。

朝起きたら、うっすらと積もっていた。

音もなく降り積もった灰色の灰は1ミリか2ミリだけれど。とき折り、風に待って周囲をけむらせる。まるで、古いクリント・イースウッドの映画みたいに・・だ。回覧板を片手にやってきた南さん(仮名)ちのおばさんが、リー・バン・クリーフに見えなくもない。体型がちょっと違うけれども灰の煙がごまかしている。
マカロニ・ウエスタンは結構好きで・・・けれど趣味は偏っているから、ジョニー・ディップのローン・レンジャーを、ローハイドと勘違いしていたくらいなのだ。
教訓。桜島の火山灰は、鹿児島を西部劇の舞台に変える力も持っている。そして、別に関係はないけれど、イーストウッドはダーティーハリーが一番好きだ。

この季節には

いつもうすぼんやりとした感覚でいたように思う。暑さが感情を麻痺させるのだと。私は思考を停止したままで、自動操縦で仕事をこなしている期間があり。それがこの時期なのだと。庭の雑草がまた勢いを取り戻し始めている。地味で静かな花を咲かせていた。きれいに整理された庭で最初に頭をもたげてくるのは、決まって雑草たちだ。

チェック

チェックです。

設定がうまくいかなくて

どうしよう。調子がおかしい。PC入れ替えたばかりなのに。やっとW7に慣れたと思ったのに。今度はfc2で迷ってる。道に迷ってる。

なんだかおかしい

ちょっとおかしい。ネットの環境が少し変わった。だんだん変化してきているぞ。けれど私には理解できない。そもそもネットの仕組みを理解していない。理解しようともしていない。

どうしよう何をしよう

答えは出ているのだ。やらねばならないことは分かっているのに。

まだ冬

だっていつのまにか二月の最終週だというのに
まだ雪のニュースが聞こえる

だってこのところ北極に雪がないというニュースは聞こえない。

だってしばらく温暖化暖冬という言葉も聞かない。


だってだって二月オシマイなのに・・・きっと三月の雪・・聞こえてくるだろうと思う。

寒い

先日まで暑い暑いの歌を歌っていたのに
今日は突然「寒い寒いの歌」を歌わなくてはなりません。
もう半袖では歩けません。

静かな雨が落ちています

雨が落ちています。
季節外れの静かな雨です。
冷たい雨です。

雨が落ちるとあなたのことを思い出す。
そう書いてはみても・・・

本当はあなたのことを思い出してそれで
雨の音に気付いた・・・それが真相です。


雨が降らないと思い出しもしない。・・
これも本当ではありません。

あなたと雨を結びつける記憶など私にはありはしません。

あなたと肩を並べて歩いたのは・・・

ただの三回
たったの三回だけです。


その中に雨の日はありませんでした。
プロフィール

雪虫の伝説

Author:雪虫の伝説
ここにもひとつ陣地を作りました。秘密の基地です。

誰かに読んで欲しい。誰にも読んで欲しくない。ふたつの思いが凌ぎあいます。ココは秘密の陣地にすることにしました。隠れ切れているでしょうか。

そんな設定も可能なはずです。


このブログの管理人は

年齢不詳。住所不定。性別不明。です。

電光掲示板by雪虫の伝説
ごゆっくり どうぞ







頂いたコメント一覧です
リンク
AdS by Google

AdS by Google

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
ブログランキング






最近の記事